前へ
次へ

食べ歩きだとたくさん食べられる理由

大食いを得意とする人の中でも、テーブルに向かって一つのものをじっくり食べるのが得意な人もいれば、色々な種類のものを食べるのが得意な人もいます。
だいたいの人は味に飽きるので、さまざまな種類のものを少しずつ食べた方が量がいけるのではないでしょうか。
その中でも食べ歩きは、いつのまにかたくさん食べてしまいがちです。
中華街のようなところは出来立てをその場で売っていて、熱々をいただくことができますし、道にも美味しい匂いが漂っていて食欲が刺激されることも多いでしょう。
歩きながら食べることで腹ごなしがしやすく、目に映る景色も変わるために気分もリセットされやすいです。
室内のランニングマシーンより屋外を走る方が捗るのと同じ理由でしょう。
また、食べ歩きのための店は店頭のポップや看板なども工夫され、目で見て食欲が湧くようになっています。
たまにはカロリーなどを気にせず、思い切り食べる日を設けるのもいいかもしれません。

Page Top