前へ
次へ

ピリ辛料理を食べることのメリット

少し前に日本では激辛料理ブームがあり、唐辛子をたくさん入れた料理を汗をかきながら食べるのが流行りました。
マイ七味と言って自分の七味唐辛子の瓶を持ち歩き、外食のときに何にでもかけて食べるという人も多かったです。
そのうち激辛すぎる料理は胃腸に良くない、ということで次第に下火になっていきました。
今でこそ極端な激辛は少ないものの、辛さを売りにした商品や飲食店は人気です。
唐辛子などの適度に辛い料理を夏に食べることで、汗をかいて体温を下げることができるというメリットがあります。
食欲がないときに辛さで唾液を出したり、胃腸が刺激されて動きやすくもなります。
さらに他にも、ストレス解消という意外なメリットもあるようです。
似たところでは、人はストレスがたまると炭酸飲料を好むそうですが、激辛料理で味覚的な刺激を受けることでストレスが解消するとも言われています。
絶叫マシンに乗ったりして負の刺激を受けることがストレス解消になるのと、似たシステムかもしれません。

Page Top